十字軍 (クルセイダーズ:Crusaders)
あらすじ
ローマ教皇ウルバヌス2世

 十字軍とは、ヨーロッパのキリスト教国が、聖地エルサレムをイスラム教国から奪還するために派遣した遠征軍である。1096年から200年にわたって聖地エルサレムをめぐる戦いが繰り広げられた。キリスト教国側から見れば義軍(異教徒に対する正義の戦い)だったが、イスラム諸国や東方正教会諸国から見れば残忍な侵略軍だった。

 発端はセルジューク朝の侵略に苦しんだビザンツ帝国(東ローマ帝国)が、ローマ教皇に救援を求めたことによる。教皇ウルバヌス2世はクレルモン教会会議を開き、軍事行動を呼びかけた。「神がそれを望んでおられる」
これに応じた騎士たちは、エルサレムを占領し多くの市民を殺害した。そして、シリアからパレスチナにかけてエルサレム王国などの十字軍国家を建設した。

クレルモン教会会議(1095年)と第1回十字軍(1096〜99)

 

 

 

年表に戻る


エデッサ城(トルコ:シャンルウルファ)

 ビザンツ皇帝アレクシオス1世 の救援要請を受けたローマ教皇ウルバヌス2世(Urbanus)は、フランス中南部のクレルモン・フェラン(Clermont Ferrand)で教会会議を開き、聖地奪回を呼びかけた。また、聖地におもむく者にはこの世の罪が許されると宣言し、十字軍が編成された。

 第1回十字軍はフランスの騎士を中心にコンスタンティノープルに集結し、ビザンツ皇帝に臣従の礼をとった。そしてビザンツ軍と共に2万の大軍でボスポラス海峡を渡り、ルーム・セルジューク朝の首都ニカイア(トルコのイズミク Izumik)を攻め落とした。更にトルコ軍との戦闘を繰り返しながら北シリアのアンティオキア(トルコのアンタキヤ)に到達し、半年に及ぶ攻城戦の末にこれを落とした。この攻城戦に活躍したのが、シチリアから参加したボエモン(Bohemund:ロベルト・ギスカルドの長男)である。彼は、アンティオキアに留まり、アンティオキア公国の君主となった。

 北フランスから参加したボードゥアン(Baudouin)は本隊から離れてアルメニア人の町エデッサに入った。エデッサはキリスト教徒の町で、トルコ人の掠奪に苦しんでいた。ボードゥアンは敵から町を守り民衆の信頼を得た。そして、町の支配を任されエデッサ伯国を建国した。彼は後にエルサレム王国の国王となる。

エルサレム王国


聖地エルサレム(嘆きの壁と岩のドーム)

 1099年、十字軍本隊はエジプトのファーティマ朝が支配するエルサレムに到達、激しい攻城戦の末にエルサレムを占領した。イスラム教徒とユダヤ教徒は虐殺され、8万人の市民が犠牲になったといわれている。掠奪と虐殺は2日続き、十字軍の極悪非道な振る舞いはイスラム世界に大きな衝撃を与えた。

 聖地回復を呼びかけたウルバヌス2世は、エルサレム占領の14日後にこの世を去り、聖地回復の知らせを聞くことはなかった。

 十字軍は占領地を守るためエルサレム王国を建国し、フランスの騎士ゴドフロワ・ド・ブイヨンが統治者に選ばれた。ゴドフロアは1年後に死亡し、弟のエデッサ伯ボードゥアン1世が後を継いでエルサレム王となった。

 エルサレム王国は拡大を続け、アッコンやベイルートなどの沿岸都市を次々に征服した。1103年にはジェノバの支援によりトリポリ(Toripoli レバノン)を攻略し、そこにトリポリ伯国を建国した。十字軍国家は北からエデッサ伯国、アンティオキア公国、トリポリ伯国、エルサレム王国の4ヶ国が建国された。

宗教騎士団

 エルサレム占領後、多くの兵士は帰国し、現地軍は兵員不足に悩まされた。そこでローマ教皇が認可した宗教騎士団(騎士修道会)が設立された。

【聖ヨハネ騎士団】 1023年頃、エルサレムの聖ヨハネ修道院の跡に、病院を兼ねた巡礼者宿泊所が設立されたことに始まる。1113年に教皇から騎士修道会として正式な承認を得た。当初は、病院・宿泊所だったが、やがて軍事色を強めていった。1291年、十字軍最後の砦アッコン陥落後はキプロスに逃れ、更に1309年にビザンチン領であったロードス島に本拠を移した(ロードス騎士団)。そこも、オスマントルコ軍に追われ、マルタ島に移ってマルタ騎士団と名を変えた。
 16世紀の宗教改革後はその力と存在意義は失われ、1798年にはナポレオンによってマルタ島を追われる。その後ロシア帝国を頼るが、1834年に本部をローマに移した。現在も国際人道団体として活動している。

テンプル騎士団】 第1回十字軍の終了後の1128年、エルサレム巡礼に向かう人々を保護するために創設された。ソロモン王の建てた神殿(テンプル)を活動拠点としたためテンプル騎士団と呼ばれた。活動の場はトリポリからアンティオキア、さらにヨーロッパ全域に広がっていった。聖地がイスラム教徒に奪い返されても活動し続けたが、1307年にフランス王フィリップ4世によって壊滅させられた。

ドイツ騎士団(チュートン騎士団)】 第3回十字軍の1199年に騎士修道会として設立された。十字軍後も存続し、1410年のタンネンベルクの戦いでポーランド・リトアニア連合軍に大敗し、1525年にポーランド王国配下のプロイセンに吸収される。

第2回十字軍
1147年


十字軍時代の要塞(ギリシア ミストラ遺跡)

ニカイア
トルコのイズニク
アッコン
イスラエル北部の町アッコ
エデッサ
トルコのウルファ。ハラン遺跡、アブラハム生誕洞窟などがある
アンティオキア
トルコ アンタキア(Antakya)
アレッポ
シリア北部の町アレッポ(Aleppo)

 当時イスラム世界はバグダードのアッバース朝(スンニ派)とカイロのファーティマ朝(シーア派)に分裂していた。アッバース朝のカリフは政治的な力はなく、セルジューク朝のスルタンが実権を握っていた。十字軍がやってくる直前の1092年にスルタンが死去し、セルジューク朝はルーム朝、シリア朝、イラン朝に分裂して弱体化していた。しかし、十字軍の残虐さに直面すると、イスラム側にもフランク人を共通の敵とみなす一体感が生まれてきた。セルジューク朝のモスル(イラク)の太守だったザンギー(Zangi)は、ザンギー朝を起こし反攻(ジハード)を開始した。

 1144年、ザンギーはエデッサ伯国を攻めこれを落とした。これが第2回十字軍の原因となった。第2回十字軍はフランス国王ルイ7世とドイツ皇帝コンラート3世が参加した。1147年、遠征隊は出発したが、ドイツ軍は小アジアを行軍中にルームセルジューク朝軍に襲われほぼ全滅、一部がエルサレムに到着した。海岸線をたどったフランス軍もルームセルジューク朝軍に襲われ大打撃を受けながらエルサレムに到着した。

 エルサレムに終結した十字軍は、エルサレム国王ボードゥアン3世とともにダマスカスを攻めた。1148年にダマスカスを包囲したが落とせず、僅か4日後に退却した。エルサレムに戻った十字軍は何の成果もなく解散した。

 この十字軍は、ザンギーと対立していたダマスクスとを結びつけることになり、分裂していたイスラム勢力を結集させる結果となった。

サラディン
ティベリア(イスラエル)
八ッティンの戦いでは、イスラム軍はティベリア湖付近に野営した。水のありなしが戦いの勝敗を決めた(Battle of Hattin)。

 1146年、ザンギーは突然暗殺された。その後を継いだのが息子のヌール・アッディーンである。彼はシリアを統一してイスラム勢力を結集した。エルサレム王国は弱体化したエジプトのファーティマ朝に矛先を向けた。ヌールッディーンは部下のシールクーフをエジプトに派遣、1169年にエルサレム王国軍を破ってカイロに入城した。しかし、シールクーフは2ヵ月後に急死し、甥のサラーフッディーン(サラディン:Saladin)が宰相に就任し全権を掌握した。1171年、ファーティマ朝の第14代カリフが死去すると、サラディンが君主となりアイユーブ朝を開いた。彼はパレスチナからキリスト教勢力を駆逐する執念に燃えた。

 1187年、サラディンは十字軍に対する聖戦を呼びかけ、3万の大軍を率いて出撃、ガリラヤ湖北西のティベリアを攻撃した。これはおとり作戦だった。これに引っかかったエルサレム王は十字軍国家や宗教騎士団などから2万の軍を出撃させた。先を急ぐ十字軍は水もないまま一日中行軍し、八ッティンの丘で野営した。真夏の日が昇ると丘はイスラム軍に包囲されており、十字軍は壊滅的な敗北を喫した(ハッティンの戦い:Hattin)。

 勢いに乗るイスラム軍はアッコやベイルートなどの沿岸都市を次々と征服し、ついにエルサレムを奪回した。

第3回十字軍
(1189−92)

十字軍兵士の帰還(ボン、ライン国立博物館)

 この事態に教皇グレゴリウス8世は、新たな十字軍を呼びかけた。これに応じたのが、神聖ローマ帝国皇帝フリードリヒ1世、フランス国王フィリップ2世、イングランド国王リチャード1世だった。

 1189年、フリードリヒ1世は、第一陣として出発、ルーム・セルジューク朝の首都コンヤを占領した。しかしフリードリヒはサレフ川で溺死しドイツ軍は解散した。1191年、リチャード1世とフィリップ2世は海路でパレスチナに上陸し、アッコンを攻略した。しかし、両者で主導権争いが起こりフィリップは帰国してしまった。

 単身パレスチナに残ったリチャード1世はサラディンと激しく戦った。一時はエルサレム目前にまで迫ったがそれ以上は進めず、軍勢は疲弊していった。1192年、1年以上の交渉の末、アッコンなどのいくつかの港をエルサレム王国の管理下に置くという休戦協定を結び、第3回十字軍は解散した。この十字軍が聖地回復を目的とする最後の十字軍となった。

 エルサレムは奪還できなかったがエルサレム王国は存続し、アッコンが事実上の首都となった。

第4回十字軍(1202-04)
コンスタンティノープルの競馬場から掠奪した4頭の馬の像
(ヴェネツィア サン・マルコ寺院)

 第4回十字軍はイスラム教徒の本拠地エジプト(アイユーブ朝)を攻略すべく、北フランスの騎士団がヴェネツィアに集結した。しかし、予定の人数が集まらず、約束した船賃をヴェネツィアに払うことができなくなった。そこでヴェネツィアは、ハンガリー王国の保護下にあるザラ(Zara、現クロアチアのザダル)を攻略すれば支払延期に応じると提案した。背に腹は代えられない十字軍はザラを攻撃し占領した。

 そのザラに、ドイツに亡命していたビザンツのアレクシオス皇子が現れ、帝位に復権するための助力を要請してきた。多額の見返りに目がくらんだ十字軍はコンスタンティノープルを攻撃し、アレクシオスを帝位に就けた。しかし彼には約束の金を支払う能力がなかった。これに怒った十字軍は、再度コンスタンティノープルを攻略し、破壊と暴行の限りを尽くした。この時、多くの美術品が西欧に持ち去られた。そして、フランドル伯ボードゥアンを皇帝とするラテン帝国を建てた(1204年)。

 ローマ法王は逸脱した十字軍やヴェネツィアを破門したが、その後ラテン帝国を祝福した。十字軍はビザンツ帝国の領土を分割支配し、聖地に向けて動こうとはしなかった。ビザンツ皇帝は小アジアのニカイアに逃れ、ニカイア帝国(1204〜61)を建国した。ビザンツ帝国は一旦消滅した。

第5回十字軍
(1217-1221)

セントニコラス要塞(ギリシア ロードス島)

 第4回十字軍がエルサレムに向かわないため、教皇ホノリウス3世は新たな十字軍を呼びかけた。しかし、神聖ローマ帝国のフリードリヒ2世はイスラム教徒との戦いに消極的であり、十字軍の中核だったフランスはアルビジョワ十字軍を派遣していて余裕がなかった。結局、ハンガリー王やオーストリア候が参加した。

 1217年、ハンガリー王エンドレ2世とオーストリア公レオポルト6世がアッコンに到着し、現地のエルサレム王国軍と合流した。十字軍はシリアで小規模の戦闘を行ったが成果はなく、ハンガリー王やアンティオキア公は帰国した。残った十字軍は、敵の本拠地エジプトに向かって軍を進め、1年にわたる包囲戦の末にダミエッタを占領した。その後、カイロに進撃したが敗れ降伏した。

 この十字軍が教皇主導の最後の十字軍で、これ以降は国王主導の十字軍となる。

第6回十字軍
(1228−29)

 

 

 

 

 

年表に戻る


フリードリヒがエルサレム王の戴冠式を行った聖墳墓教会

 神聖ローマ帝国フリードリヒ2世は、教皇から十字軍派遣を迫られるがなかなか出陣しようとしなかった。1228年、ようやく重い腰を上げたフリードリッヒは第6回十字軍を起こした。しかし最初から戦う気はなく、外交交渉による聖地回復を模索していた。

 一方、アイユーブ朝には十字軍を迎え撃つ余力はなく、スルタンアル・カミール(サラディンの甥)は講和を決意した。1229年、10年間の休戦とエルサレムを西欧に返還することを取り決めたヤッファ条約が結ばれ、フリードリッヒがエルサレム王に就任した。フリードリヒとアル・カミールはお互いのその人物を認め合い、1238年にカーミルが亡くなるまで深い交際を続けた。

 この十字軍はエルサレムを無血で奪回したのに、西欧の評価は低かった。フリードリヒは教皇との争いに忙殺され、再びパレスチナを訪れることはなかった。また、イスラムとの和平も長続きせず、休戦協定が切れるとエルサレムは再占領された(1244年)。

第7回十字軍
(1248−54)

捕虜となったルイ9世

 再び占領されたエルサレムを奪還するため、信仰心の厚いフランス王ルイ9世が十字軍を起こした。1249年、エジプトを攻めダミエッタを占領した。その後カイロに進軍するが戦線は膠着し、最後はイスラム軍に包囲されて全員捕虜となってしまった。結局、ダミエッタなどの占領地を放棄し、多額の身代金を払って解放された。

 その後、アッコンを拠点にシリアに勢力拡大を試みたが成果はあがらず、1254年にフランスに戻った。

 エジプトではこの十字軍との戦闘中の1250年にトルコ人傭兵がクーデータを起こし、アイユーブ朝を倒してマムルーク朝を建てた。マムルークとは奴隷出身の軍人のこと。この王朝は、1517年にオスマントルコのセリム1世に滅ぼされるまで存続する。

第8回十字軍
(1270)

アッコンの要塞(イスラエルのアッコ)
後のナポレオンの攻撃も退けた

 再び聖地奪回に執念を燃やすルイ9世は、第8回十字軍を起こし、チュニジアを攻撃した。しかし、チュニジア上陸後ほどなくルイ9世は病死し、何の成果もなく引き上げた。これが最後の十字軍となった。

 エジプトのマムルーク朝は、モンゴルの侵攻をアイン・ジャールート(Ayn Jalut ゴリアテの泉)で撃破し、十字軍国家の攻略に乗り出した。1289年にトリポリを落とし、1291年に最後の拠点アッコンを占領した。ティール、シドン、ベイルートは戦わずに放棄され十字軍国家は壊滅した。イスラム軍は二度と十字軍がやって来ないようにするため、これらの町を破壊した。

 十字軍はイスラム側から見れば侵略者である。このため、十字のシンボルを用いる赤十字は、現在もイスラム圏では忌避されており、赤新月などの別の言葉やシンボルで活動している。

アルビジョア十字軍(1209〜)
ベジエの町とサンナザーレ教会

 南フランスのアルビやトゥールーズを中心に広まったキリスト教カタリ派討伐のための十字軍。カタリ(Cathari)とは清浄を意味するギリシャ語カタロスからきている。マニ教の流れをくむカタリ派は、厳格な禁欲主義をとり、教会組織や司祭制度を否定したため異端とされた。

 当初、司教や伝道者による改宗計画を行ったが成果なく、ローマ教皇インノケンティウス3世は異端の撲滅を決断した。1209年、3万の軍隊が南フランスを急襲し、街を破壊、全住民を虐殺した。この絶滅作戦は広範囲で行われ、50年の間に100万人が虐殺された。ベジエでは、15,000人がサンナザーレ教会(SaintNazaire)で虐殺された。

 追い詰められたカタリ派は、険しい山の上の城砦に身を潜めた。しかし、十字軍の執拗な攻撃に1255年に降伏した。1330年頃に最後の信者が火刑になり全滅した。

少年十字軍(1212)
ハメルンの道路上に描かれたネズミの絵

 第4回十字軍後、教皇インノケンティウス3世は新しい十字軍を起こすために、各地に説教師を派遣した。この頃、フランスの羊飼いの少年エティエンヌは、巡礼姿の神を見た。神は聖地回復と書いた手紙を少年に渡した。エティエンヌは神のお告げを説いてまわり、数千人の少年少女が彼に従った。

 彼らは聖地に渡るためマルセイユにやって来たが、船賃を持っていなかった。ある船主が「お前達の殊勝な心がけに感心した。船に乗せてあげよう」と申し出た。彼らは7艘の船に分乗、マルセイユを出帆した。しかし、7艘のうち2艘は難破し、残りの5艘がようやくアレクサンドリアに着いた。少年たちは奴隷として売り飛ばされた。

ハメルンの笛吹き男】 グリム兄弟により記録された民話。1284年頃、鼠捕りを名乗る一人の男がハメルンにやって来た。人々は、男にネズミ退治を依頼した。男は笛を吹き、ネズミの群れを川におびき寄せ溺死させた。しかし、人々は男に報酬を払わなかった。

 男は街を後にしたが、数週間後に戻って来た。住民が教会にいる間に笛を吹き、子供達を街からおびきだした。130人の少年少女が男のあとに続き、洞窟の中に誘い入れられた。洞窟は内側から封印された。子供達は、街を出て少年十字軍に参加したという説がある。

年表に戻る  
【参考資料】
十字軍 ジョルジュタート著 創元社
物語 中東の歴史 牟田口義郎著 中公新書