キリスト
キリストの降誕


受胎告知(捨て子養育院 フィレンツェ)

イエスの誕生を祝う歌がクリスマスキャロル、マリアを讃える歌がアベマリア

 パレスチナ北部の町ナザレに大工ヨセフとその婚約者マリアが暮らしていた。ある日、マリアのもとに天使ガブリエルが現れ、神の子が宿ることを告げた(受胎告知)。当時パレスチナを支配していたローマは、税を確実に徴収するために戸籍調査を行っていた。ヨセフは住民登録をするため身重のマリアをロバに乗せてベツレヘムに向かった。ようやくたどり着いたベツレヘムには多くの人々が集まっていた。泊まる宿もなく、ようやく見つけた馬小屋でマリアは男の子を産んだ。産まれたばかりの赤ん坊は飼い葉桶に寝かされ、イエス(ヨシュア)と名づけられた。BC4年のことである。

 天使は救いの御子の誕生を、ベツレヘムで野宿している羊飼いに知らせた。彼らは急いで馬小屋の幼な子イエスのもとに駆けつけた。

 東方では輝く星(ベツレヘムの星)を見た三博士(三賢人)がいた。彼らは星に導かれてユダヤにたどり着き、ヘロデ大王に「ユダヤ人の王としてお生まれになった方は、どこにおられますか?」とたずねた。ヘロデ大王は驚き、祭司や律法学者に調べさせ、ベツレヘムであると答えた。彼らはベツレヘムに行き、マリアとイエスに拝謁して贈り物をささげた。この三博士の贈り物がクリスマスプレゼントの始まりとなった。

 世界史上、最も重要な人物イエスの誕生の物語である。

エリサベト
(Elizabeth)


東方三博士の礼拝(捨て子養育院 フィレンツェ)

 ヘロデ大王は、イエスの誕生によって自分の地位が奪われることを心配し、「2歳以下の男子を全て殺せ!」と命令した。天使はこのことをヨセフに告げ、彼らはエジプトに脱出した。しばらくしてヘロデ大王が亡くなると、一家は故郷のナザレに戻ってきた。

 マリアが受胎告知を受ける半年前、祭司ザカリヤのところに天使ガブリエルが現れ、「あなたの妻エリザベトは男の子を産む。その子の名をヨハネにしなさい」と告げた。ザカリアは「私たちは年をとっており、妻は不妊の女ですよ」と聞く耳を持たなかった。ガブリエルは怒り、ザカリアの口がきけないようにした。やがてエリザベトは男の子を産んだ。命名を行う日に人々が集まり、子供の名は父と同じザカリアがよいと提案した。口がきけないザカリアは「この子の名前はヨハネ」と板に書いた。するとザカリアは話せるようになった。

 エリザベトと聖母マリアは親戚だった。ある日マリアは妊娠したエリサベトを祝うため、彼女のところを訪問した(聖母の訪問)。彼女はマリアが受胎告知を受けたことを知り祝福した。この時の言葉が「アヴェ・マリアの祈り」の2節目の部分になった(あなたは女のうちで祝福され、・・・)。

イエス
ヘブライ語ヨシュアのギリシア語読み。英語ではJesus(ジーザス)
キリスト
ヘブライ語メシア(救世主)のギリシア語読みがキリスト
救いの御子 神は人間の罪(原罪)を救うために御子をこの世に遣わせた
クリスマス
Christmas, Xmas:キリストのミサ(Christ's Mass)、降誕祭、聖誕祭
洗礼者ヨハネ(バプテスマのヨハネ)
キリストの洗礼(絵画館 ベルリン)

 成人したヨハネは荒野で修行し、ヨルダン川周辺で自分の罪を告白した人々に洗礼を授けた。「悔い改めよ、神の国は近づいた」。ヨハネの言葉は人々の胸を打ち、心に平穏をもたらした。「あなたが我々が長年待ち望んだメシア(救世主)ですか?」、ヨハネは答えた。「私ではない。まもなく私より優れた方が来られる」。そして、成人したイエスが現れ、ヨハネの洗礼を受けた。

 ヘロデ大王の死後、ユダヤを治めたのは息子のヘロデ・アンティパスだった。彼は兄の妻ヘロディアと不倫の仲になり、それを批判したヨハネは捕らえられた。ヘロディアの娘がサロメ(Salome)である。彼の誕生日の夜、彼はサロメの美しさに魅せられ、彼女に踊りを所望した。どんな褒美でも与えると。サロメはベールを次々に脱ぎ捨てる「7つのベールの踊り」を踊った。見事な踊りだった。サロメは褒美にヨハネの首を求めた。

ヨハネの首を受け取るサロメ
ヨルダン川での洗礼

伝道


イエスの家族(聖ヨセフ教会:ナザレ)

 洗礼を受けたイエスは荒野に行き、40日間悪魔の誘惑と戦った。悪魔は断食中のイエスに「神の子なら、この石をパンに変えてみろ」と試す。イエスは、「人はパンのみに生きるのではない」と応酬した。また、イエスをエルサレム神殿の屋根の端に立たせて「神の子なら、ここから飛び降りてみろ」とけしかけた。 イエスは「神を試みてはならない」と反論した。悪魔は退散した。

 イエスはガリラヤ地方へ伝道に出た。「神の国は近づいた。悔い改めて福音を信じなさい」。ある日ガリラヤ湖のほとりを歩いていると漁師の兄弟のシモン(ペテロ)アンデレに出会った。イエスは「私について来なさい」と言って彼らを弟子にした。また、網の手入れをしていたヤコブヨハネの兄弟にも声をかけた。彼らもイエスの弟子になった。

 イエスはガリラヤの各地を歩いて、神の国の福音を説き、民衆の病気を癒した。こうして、イエスが現れるとおびただしい群衆が集まってきた。ある日、イエスは多くの群集が集まったのを見て山に登り、静かに話し始めた(山上の垂訓(すいくん))。

山上の垂訓Sermon on the Mount


『山上の垂訓』 カール・ハインリッヒ・ブロッホ

イエスは「だから、あなたがたはこう祈りなさい」と言って祈りの型(主の祈り)も教えた

至福の教え
The Beatitudes
「心貧しき人達は、さいわいである、天国は彼らのものである・・・」に始まる8つの幸福について語った。困っている人を助け、正しい生活をする人が幸せになれる。
地の塩、世の光(よのひかり)
あなたがたは塩のように大切な存在であり、周りの人たちの道しるべとなる世の光である。
情欲をいだいてはならない
情欲をいだいて女を見る者は、心の中ですでに姦淫をしたのである
報復について
『目には目を、歯には歯を』というが、悪人に手向かうな。もし、だれかがあなたの右の頬を打つなら、左の頬をも向けなさい。
敵を愛する
『隣り人を愛し、敵を憎め』というが、敵を愛し、迫害する者のために祈れ。神は、悪い者の上にも良い者の上にも、太陽をのぼらせ、雨を降らして下さる。
求めよ、さらば与えられん
求めよ、そうすれば与えられる。捜せ、そうすれば見つかる。門をたたけ、そうすれば、開けてくれる。自分の子がパンを求めるのに、石を与える者があろうか。魚を求めるのに、蛇を与える者があろうか。悪人でも、自分の子供には良い物を与えるだろう。とすれば、天におられる父は必ず求める者に良いものを与えるだろう。何ごとでも、自分にしてもらいたいことは、人にもそのようにしなさい(黄金律)。
岩の上と砂の上
(砂上の楼閣)
わたしの言葉を聞いて実行する者は、岩の上に家を建てた賢い人である。 雨が降り、洪水が押し寄せても、家は倒れない。一方、わたしの言葉を聞いても何もしない者は、砂の上に家を建てた愚かな人である。 雨が降り、洪水が押し寄せると倒れてしまう。
豚に真珠
神聖なものを犬に与えてはならず、豚に真珠を投げてはならない。もしそのようなことをすれば、それを踏みにじり、向き直って噛みついてくるだろう
明日のことを思い煩うな
明日のことは明日自身が思い煩うであろう。一日の苦労は、その日一日だけで十分である。
 
カナの婚礼

 その後もイエスは数々の奇跡を起こした。百人隊長のしもべの病気を治したり、湖で嵐にあった時には「静まれ」と命じて嵐を静めた。また、カナの町で開かれた婚礼でぶどう酒が尽きた時、6つの水がめに水を入れるようにいった。しばらくしてそれを客に配ったところ、水はぶどう酒に変っていた(カナの婚礼)。

 イエスの奇跡はありとあらゆることに及んだ。病の癒えた者や障害が治った者は喜び、苦悩が消えた者も喜んだ。そして、死者さえも復活させたのである。エルサレム郊外ベタニアに住むラザロが病気で亡くなった。死後4日目に、イエスは彼の墓の前で祈り、「ラザロ出てきなさい」と呼びかけた。するとラザロが甦った(ラザロの復活)。

 神殿で人々に教えを説いていると、パリサイ人(ユダヤ教徒の一派)と律法学者が姦淫で捕まった女を連れてきた。「この女は卑しい女です。モーゼは石で打ち殺せと命じていますが、どうしたらよいでしょうか?」。イエスは「あなたたちの中で罪を犯したことがない者が、まず、石を投げなさい」といった。すると人々は年寄りから一人づつ消えて、最後にはイエスと女だけになった。

 イエスの評判は高まり、ローマの重圧に苦しんでいるユダヤの民衆に受け入れられた。彼は、救いを求める全ての人々を救ってくれる神の絶対愛と、敵をも愛せよという隣人愛を説いた。彼はヘブライ人(ユダヤ人)のみが救われるという選民思想や形式的な律法(ユダヤ教の戒律)を重視するユダヤ教を嫌い、律法学者やパリサイ人と対立した。

エルサレム入城

 

 

 

 

年表に戻る


オリーブ山から見たエルサレム

 AD30年、子供のロバに乗ったイエスは、ペテロ、ヤコブ、ヨハネなど12人の弟子を連れて、ユダヤの聖都エルサレムに入場した。人々は喜んで彼を迎えた。ユダヤ教では、「メシアは過越祭の時に美しの門(神殿正面左側の黄金門)から入場する」といわれていた。イエスのエルサレム入りは、まさに過越祭の直前であった。

 イエスたちはエルサレム神殿の内外で説教し、ユダヤ教の指導者を批判した。批判された指導者たちはイエスを捕らえ、審問にかけようとした。それを悟ったイエスは、12人の弟子と最後の晩餐をとった。


イエスのエルサレム入場
 イエスは、食卓のパンとぶどう酒を自分の肉体と血であるといい、これから起こる受難と死を予告した。また、この中に裏切り者がいることやペテロの離反も予告した。
受難と処刑
苦悩するイエス(ゲッセマネ:エルサレム)
 イエスは晩餐の後、オリーブ山のゲッセマネの園に行き、深夜まで一人苦しみ悩んだ。「父よ、できることなら、この苦しみの杯を我より取り除きたまえ」。この祈りの最中にユダは官憲を手引きし、イエスは逮捕された。弟子達は逃げ、ペテロだけが残った。ペテロはイエスの予告どおり、イエスの弟子であることを否認した。

牢獄につながれたイエスは、ローマのユダヤ提督ピラトから十字架刑を宣告される。ピラトは死刑を望まなかったが、ユダヤ民衆の強い要求に屈してしまった。ユダヤの人々は、「イエスの血の代償が後孫にまで及んでも構わない」と言い、これがキリストを殺したユダヤ人に対する迫害の材料になった。

 裁かれるキリスト(フィラデルフィア美術館) →

ヴィア・ドロローサ
第3ステーション 倒れるイエス

 翌日、イエスは十字架を背負わされた。十字架の上には、INRI(ユダヤ人の王、ナザレのイエス)の札が貼られている。その十字架を背負い、茨の刺のある冠をかぶってゴルゴタの丘(ヘブライ語で頭蓋骨)に続く道を歩いて行った。この道は悲しみの道(ヴィア・ドロローサ:ViaDolorosa)と呼ばれ、現在14のステーションが設けられている。

 @イエスが裁かれ A十字架を背負い B倒れ C母マリアがそれを見て D別の者が十字架を背負い Eヴェロニカが絹のハンカチで顔を拭い(そのハンカチにキリストの顔が浮き上がった) Fまた倒れ G女たちと語り、「エルサレムの娘たちよ、私のために泣くな。あなた方自身のため、自分の子供達のために泣くがよい」 H三度目に倒れ Iゴルゴタの丘で衣服を剥ぎ取られ J十字架に釘づけにされる。「父よ。彼らをお赦し下さい・・・」 Kそして絶命する L十字架から降ろされた遺体をマリアが受け取り M遺体を亜麻布で包み墓に納めた。イエスの墓はエルサレムの聖墳墓教会の中にある。

【INRI】 ラテン語の「Iesus Nazarenus Rex Iudaeorum」:ユダヤ人の王、ナザレのイエス。I:イエス N:ナザレ R:王 I:ユダヤ人。Jesus of Nazareth, the King of the Jews

復活そして昇天 十字架から降ろされるイエス(メトロポリタン美術館)

 墓に葬られたイエスの遺体は3日目に消えた。その後イエスは40日にわたって各所に現われ、悲嘆にくれる弟子たちに言葉をかけた。イエスの復活である。40日目に弟子たちの見守る中、オリーブ山の頂上から天に昇っていった。

 イエスが伝道に費やしたのは、3年という短い期間であった。そこに凝縮された言葉や奇跡の数々は、2000年の時を経た今日でも人々の心を揺るがしている。

 弟子たちは復活を信じた。「彼こそメシアである、神のひとり子が全ての人々の罪をあがなうために十字架に架けられた」と信じ、主キリストを礼拝するキリスト教ができあがった。

 昇天の10日後、最後の晩餐の部屋に集まった弟子たちに聖霊が火となって降り注ぐ。この日、エルサレム原始教会が誕生し、弟子たちは伝道に立ち上がった。(キリスト教の歴史)

用語解説
福音
神からの喜ばしい知らせ(good news)。イエスの教え。Evangelion(エウアンゲリオン)。福音音楽がゴスペル(Gospel)。福音書
イースター(Easter)
キリストの復活を祝福する祝日。ニカイア公会議後、春分の日後の満月の次の日曜日と定められた。
三位一体

(創造主である神)と、(神の子イエス)と、聖霊(神の御霊(みたま))とが、一体となったものがキリスト教の神である

父と子と聖霊の御名において
In the name of the Father, and of the Son, and of the Holy Spirit. Amen.
アーメン
ヘブライ語(amen)で、「誠にそうです」の意味。古代ユダヤ教会では、ラビが聖書の一句を読み、会衆が復唱して聖書を丸暗記した。しかし、次第に復唱が面倒になり、アメン(そのとおり)とだけ言うようになった。これがキリスト教にも受け継がれ、神父の祈りの言葉に、会衆がアーメンと言うようになった。
ギリシャやロシアでは「アミン」、英語圏では「エーメン」と唱える。
ハレルヤ
ヘブライ語のアレルヤ(halleluyah):ヤハ(yah:神)を賛美せよ!
キリエ・エレイソン

ギリシア語で「主よ、憐れみたまえ」。Kyrie eleison、Kyrieは主。英語では、Load, have mercy.

ホサナ
ヘブライ語で「どうか、救ってください」の意味
主の祈り
The Lord’s Prayer
日本語
英語
天におられるわたしたちの父よ
み名が聖とされますように
み国が来ますように
みこころが天に行われるとおり、地にも行われますように
わたしたちの日ごとの糧を今日もお与えください
わたしたちの罪をおゆるしください。わたしたちも人をゆるします
わたしたちを誘惑におちいらせず、悪からお救いください
国と力と栄光は、永遠にあなたのものです
アーメン
Our Father in heaven,
hallowed be your name.
your kingdom come.
your will be done, on earth as in heaven.
Give us today our daily bread.
Forgive us our sins, as we forgive those who sin against us.
Lead us not into temptation, but deliver us from evil.
For the kingdom, the power, and the glory are yours.
Amen.
年表に戻る
【参考資料】
名画に見るキリスト 田中忠雄・田中文雄 保育社