オリンポス12神 (Olympos)
ギリシア語
ラテン語 英語 説    明 イメージ 性別 ゼウスとの関係 星座
ゼウス
(Zeus)
ユピテル
(Jupiter)
ジュピター
(Jupiter)

 父クロノスが率いるティタン神族との戦いに勝ち、神々の王となる。最高神、雷神、絶倫万能の神で、妻ヘラの目を盗んで浮気を繰り返した。ゼウスが愛した女性たちとの間には、多くの子供が産まれた。

 主なゼウスの子供たち
オリンポス12神
アテナアポロンアルテミスアレスヘパイストスディオニュソス
文芸の女神
9人の娘たち:ミューズ
三美神
優雅の女神カリス
英雄 ペルセウスヘラクレス
その他
ミノス王ペルセポネヘレネ

ルーブル美術館
本人

木星

ヘラ
(Hera)
ユノ
(Juno)
ジュノー
(Juno)

 ゼウスの姉であり正妻。神々の女王で婚姻と母性、貞節の女神。嫉妬深い性格で、ゼウスの浮気相手やその子供に苛烈な仕打ちを行った。ローマ神話ではユノ(Juno)と呼ばれ、6月(June)はユノに捧げられた聖なる月とされている。6月の花嫁(June Bride)が幸せになれるのはユノの祝福を受けるためである。

 ヘラはゼウスの愛人になったセメレレトカリストイオアルクメネ達を許さなかった。また、愛人との間に生まれた子供のディオニュソスヘラクレスにも容赦ない仕打ちを行った。

ゼウスの姉で正妻 小惑星

アテナ
(Athena)

 

 

 

年表に戻る

ミネルウァ
(Minerva)
ミネルバ
(Minerva)

 知恵と戦いの女神でアテネの守護神。ゼウスと知恵の女神メティスの間に生まれた。

 兜や(アイギス)を身につけ、長槍を手にしている。その傍らには勝利の女神ニケが付き従っている。

【アテネの守護神】 アテネの主導権を巡ってアテナとポセイドンが争った。ポセイドンは人々に泉を贈った。アテナは泉のほとりにオリーブの木を植えた。アテネの人々はアテナを守護神に選んだ。


ナポリ考古学博物館
アポロン
(Apollon)
アポロ
(Apollo)
アポロ
(Apollo)

 ゼウスとレトの子供でアルテミスと双子の兄弟。予言と芸術、弓矢の神。太陽神ヘリオスと同一視された

 アポロンは毎日太陽の馬車に乗って東から西へ駆けていた。ある日地上に美しい乙女レウコトエを見つけ、彼女の寝室に入り込んだ。アポロンに恋焦がれていたクリュティエは悲しみ、一日中アポロンを見つめ、とうとうヒマワリになってしまった。

 アポロンはトロイの王女カッサンドラや妖精ダフネと逸話がある。医学の神アスクレピオスの父。

病院遺跡アスクレピオン
(ベルガマ トルコ)
アスクレピオスはいつもヘビの巻きついた杖(アスクレピオスの杖)を持っていた。その杖は病院のシンボルマークになった。

ヴァチカン美術館
息子 太陽

アフロディテ
(Aphrodite)

 

 

 

 

年表に戻る

ウェヌス
(Venus)
ヴィーナス
(Venus)

 愛と美の女神。クロノスが切り落としたウラノスの男根が海に落ちて白い泡となり、そこからアフロディテが生まれた。 東方の豊穣多産の女神イシュタルと同一とされる女神。彼女の侍女が 三美神

アフロディテが生まれたペトラ・トゥ・ロミウ海岸(キプロス島)

 アフロディテとアレスの子供がエロス(Eros)。恋の弓矢をもつ少年の姿で表わされる愛の神。ローマ神話のクピド(キューピッド:Cupid)。エロスは原始神カオスから生まれたともいわれる。トロイの英雄アイネアスはアフロディテとトロイの王族アンキセスの子供。


アフロディテに迫る牧神パン
アフロディテ像のいろいろ
金星
アレス
(Ares)
マルス
(Mars)
マーズ
(Mars)

 ゼウスとヘラの子供。戦さの神。アテナは戦争に勝つための戦略や栄誉の神であるが、アレスは戦場での狂乱や破壊の神である。ギリシア神話ではあまり人気がない。アプロディテの恋人。

 ローマ神話ではマルス。ローマを建国したロムルスの父であり、軍神として慕われている。マルスは農耕が始まる季節3月(March)の語源であり、農業の神でもある。

 アレスの子でトラキア王のテレウスプロクネと結婚した。ある日、テレウスは妻の妹のピロメーラをアテネに迎えに行った。旅の途中、テレウスはピロメーラに欲情して彼女を犯し、ばれないようにするため彼女の舌を切った。口がきけなくなったピロメーラは、この話をタペストリに織ってプロクネに伝えた。プロクネは怒り、子供のイテュスを殺して料理し、テレウスに食べさせた。テレウスは事実を知り、姉妹を殺そうと追いかけた。これを見た神は三人を鳥に変身した。

息子 火星
アルテミス
(Artemis)
ディアナ
(Diana)
ダイアナ
(Diana)

 ゼウスとレトの子供で、アポロンと双子の兄弟。狩猟の女神、安産の女神。

【オリオン座】 アルテミスは、海の神ポセイドンの息子オリオンを愛した。オリオンは、海でも歩くことができるギリシアで一番の猟師だった。アルテミスの兄アポロンは、二人の仲を嫌っていた。

 ある日、オリオンはサソリに追われて海の沖合いに逃げた。それを見ていたアポロンは、「あの遠くに光る丸太を射当ててみよ」とアルテミスに言った。アルテミスは丸太めがけて矢を放った。翌日、矢の刺さったオリオンが浜辺に打ち上げられた。

 愛する人を殺めてしまったアルテミスはひどく悲しんだ。これを見ていた父ゼウスは、オリオンを空に上げ星にした。これがオリオン座である。


ルーブル美術館


小惑星

デメテル
(Demeter)

 

 

 

 

 

年表に戻る

ケレス
(Ceres)
セレス
(Ceres)

 豊穣の女神。人間に穀物の栽培を教えた神である。

【四季】 ゼウスとデメテルの娘ペルセポネは、突然地上に現れた冥界の神ハデス(デメテルの弟、英語名:プルート)に略奪された。デメテルは嘆き洞窟に閉じこもった。豊穣の女神がいなくなった地上は荒れ、草木は枯れた。

 ゼウスはペルセポネを帰すようハデスに命じた。しかし、彼女は4粒のざくろの実を食べていた。冥界の食物を口にした者は地上に戻れないことになっていた。

 困ったゼウスは、1年の1/3を冥界で、残りの2/3を母と過ごせるようにした。ペルセポネと暮らせる時はデメテルの機嫌がよく、大地は緑におおわれた。冥界に戻る時は悲しみ、雪が降る冬になった。こうして四季ができた。


左:人間に小麦を与えるデメテル。右:ペルセポネ(メトロポリタン美術館)
ゼウスの姉 おとめ座
ヘパイストス
(Hephaistos)
ウルカヌス
(Vulcanus)
ヴァルカン
(Vulcan)

 火山の神、炎と鍛冶の神。

 ゼウスとヘラの息子。両足の曲がった醜い奇形児で、ヘラは嫌い、生まれたばかりのわが子を天から海に投げ落とした。ヘパイストスは、海神テティスエウリュノメに拾われ9年間育てられ、天に戻った。

 ヘパイストスはテティスたちのために、さんごと真珠の美しいブローチを作ったり、宝石を魚にかえて海で泳がせた。これが熱帯魚である。

 ヘラは、ヘパイストスをオリンポス山に連れ戻し、鍛冶屋の仕事場を作ってやった。ヘパイストスはここで、ゼウスの雷電やアルテミスの矢、トロイ戦争で活躍したアキレウスの武具を製造した。

 ゼウスがアテナを産む時、痛みに耐えかねてヘパイストスに斧で頭を叩き割ってもらった。アフロディテと結婚するが、アフロディテがアレスと浮気したため離婚。

息子 19世紀に仮説された惑星
ヘルメス(Hermes)
メルクリウス
(Mercurius)
マーキュリー
(Mercury)

 嘘つき、泥棒の神様。神々の伝令役。ゼウスの忠実な部下で、アルゴスの暗殺など多くの密命を果たしている。

 ゼウスとマイアの子供。羽根の生えた空を飛べる靴をはき、神々の使者として世界を駆ける伝令神。旅人の安全を守る役目もある。

 ペルセウスのメドウサ退治にも協力した。


オリンポス考古学博物館

息子 水星
ポセイドン
(Poseidon)
ネプトゥヌス
(Neptunus)
ネプチューン
(Neptune)

 ゼウスの兄。海の神、泉の守護神。馬との関わりが深く、競馬の守護神としても崇められた。三叉の矛(トリアイナ)を武器とする。

 トリトン、オリオン、ペガサスなど多くの子がいる。ポセイドンはメドゥーサ(Medusa)と恋仲になり、二人の間に産まれた子供がペガサスである。メドゥーサはアテナの怒りをかい、醜い姿に変えられペルセウスに殺された。

 ポセイドンの英語読みネプチューンは海王星のこと。海王星の最も大きな衛星がトリトン。


海をわたるポセイドン
バルドー美術館 チュニジア
海王星
ヘスティア
(Hestia)
ウェスタ
(Vesta)
ヴェスタ
(Vesta)

 かまどの神、家庭生活の守護神。クロノスレアの娘で、ゼウス、ヘラ、ポセイドーン達と兄妹。夫や子供はなく、アテナやアルテミスとともにギリシャ神話三大処女神の一人。

 彼女は、かまどの神として家の中心におり、そこから動けなかった。そのため、他の神々のように戦いに加わることができず、神話にはあまり登場しない。

 古代ローマではウェスタは火床をつかさどる女神として崇められた。ウェスタに仕える巫女たちをウェスタの処女あるいはウェスタの巫女と呼び、ローマ建国以来フォロ・ロマーノにある「聖なる火」をともし続けてきた。この制度も392年のキリスト教国教化によって廃止された。

ゼウスの姉  

ディオニュソス
(Dionysus)

 

 

 

年表に戻る

バックス
(Bacchus)
バッカス
(Bacchus)

 豊穣とブドウ酒と酩酊の神

 ゼウスとテーバイの王女セメレの子で、唯一人間が親の神。ヘラは、夫の浮気相手のセメレを憎み、ゼウスの真の姿を見て焼死するように仕組んだ。ディオニュソスは焼死したセメレの胎内から取り出され、ゼウスの腿の中に埋め込まれた。

 ディオニュソスが誕生してもヘラの迫害は続き、逃亡生活を余儀なくされた。その間に葡萄の木を発見し、ワインの製法を発明した。


豹に乗るディオニソス
ペラ考古学博物館(ギリシア)
息子